通訳案内士試験道場

通訳案内士試験道場(中国語・韓国語地理・歴史・一般常識)


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

通訳案内士試験道場は、通訳案内士試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに中国語・韓国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。

ガイドとして海外から来た方の役に立つことができる通訳案内士になるための試験、通訳案内士試験は、合格するまで何度でも受けていいのでしょうか。きていによると何度設けてはいけないという規定はないため、合格するまで何度でも受験することが可能です。一度受けて不合格だったとしても、通訳案内士試験には救済措置や一部試験免除制度が用意されているため、制度を確認して受験をすることにより無事合格を果たすチャンスが得られるでしょう。特に1次試験の中で一部の科目だけ合格している場合には、翌年の受験では免除となるため、苦手科目の合格に向けて集中して勉強できます。また、1次試験は全部合格していても、2次試験で不合格だった場合には、翌年2次試験だけを再受験できるのもメリットです。他の資格を取得していると資格のランクによって試験免除となる場合もあるため、事前にどんな資格が免除となるのか、どの試験を受験していたのかなどを確認し、合格するまで努力しましょう。特に大切なポイントとして、自分がどれくらい学習をしているかだけではなく、通訳案内士試験合格に向けて対策をした勉強ができているかどうかです。がむしゃらに勉強をするだけではなく、その年毎に違う試験の範囲や、学習する部分、更に学習効率を高められることなどが必要となります。どれくらいの試験勉強をするべきなのかは、試験を実施している団体の伝える範囲によって異なるでしょう。また、通訳案内士試験の過去問題集を購入しても、毎年範囲が異なるため、無事に学習できるかどうかわからないという人も少なくありません。そのため、SNSなどで勉強している人の情報を確認し、自分で勉強する時の参考にしてください。自分で知識を得ることによって、合格率は高まります。しかし、試験の範囲内などについてSNSで情報を提供している人がいれば、ある程度参考にできるでしょう。ただし、信じすぎないこと、自分でやるべきことを全てやった時の手段となることを忘れないでください。
<<関連情報:通訳案内士試験>>