鳥浜

torihama.com - torihama リソースおよび情報


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

torihama.com は、あなたがお探しの情報の全ての最新かつ最適なソースです。一般トピックからここから検索できる内容は、torihama.comが全てとなります。あなたがお探しの内容が見つかることを願っています!

すき焼きといえば、通常は牛肉を使用したものが一般的ですが、浜松では鳥料理のひとつとして「鳥すき」を提供している店も少なくありません。すき焼きに使うには「若鶏」と「親鶏」とどちらが適しているかと言えば、スーパーマーケットなどで多く販売されている若鶏よりも、親鶏のほうが向いていると言われています。何故かというと、若鶏というのは生まれて3か月位までのものなので、肉の質が柔らかいという特徴があります。一方、親鶏は産卵の経験があるので肉質はやや硬め、つまり程よい噛み応えがあって、すき焼きにはもってこいだと言えるのです。旨味も強いことから、煮込んでも味が薄まらない点も良いようです。そんな点から、一度親鶏の美味さを体験してしまうとクセになるという方も多く、そんな親鶏を使った鳥料理はツウ好みだと言えるかもしれません。浜松の店でそんな親鶏の料理を食べるなら、調理方法は鳥すきだけではありません。一番手っ取り早いのは塩胡椒でソテーして食べることで、こちらもオーダーしてみても良いでしょう。その後で、本命のすき焼きを堪能するというのもオツなものです。ちなみに、この鳥すきというのは関西では比較的なじみの多いものだそうで、関東地方では耳にすることはあまり多くないかもしれません。ですが、作り方は牛肉を使用したものとほぼ同じであって、値段はややリーズナブルなことから、今後は全国展開していく可能性もあります。しかも、すき焼きの調味料に使われるのは基本的に醤油・砂糖ですので、万人受けしやすく鶏肉に合うのは間違いなさそうです。何といっても、すき焼きを食べるときに付ける生卵は、こちらも鶏肉とは親子関係で相性抜群でもあります。歴史をさかのぼってみると、実は江戸時代には醤油と砂糖で味付けされた「鳥すき」らしき料理があったそうです。これが元祖だとすれば、牛肉を使ったものが後発であり、鳥すきの作り方を真似たものかもしれません。そんな鳥すきを浜松で食べるなら、店の流儀にまず従ってみるのが良いでしょう。というのは、入れる具材や順番にも地域によって特性があるようで、そんな違いを発見するも鳥料理を食べる楽しみの一つでしょう。
<<関連情報:浜松 鳥料理 すき焼き>>